*

2014年3月

京都市内サラ金に悪徳なところは少ないの?

京都市内にはちょっと探せばサラ金業者なんか数十社もあって順番に駆けずり回って100万円ぐらいのお金をかき集めようと思えば一日もあれば簡単に融資金を手にできるでしょう。

そうした京都の街の金融業者なかには10年ぐらい前なら、その金融業者良く調べてから融資の申し込みをしなければ、中には超高金利の無登録業者もあったでしょうから、そんなヤミ金のような金貸しからお金を借りてしまった日には、家族も生活も簡単に破綻に引きずり込まれてしまいます。
今の貸金業法はヤミ金に対してはとても厳しい刑事罰を与えることができますから、それでも堂々と京都の街に看板を揚げてヤミ営業しても、法律も世間も見方はいませんからやっていくのは難しいでしょう。
それは少しでも怪しい業者である疑いがあるなら警察に通報すれば、元金すら返済の義務はないし、すべてが無効にできるので京都でもヤミ金を排除するのはそんなに難しいことではありません。

毎年、清水寺にお参りに行く行事が我が家にはあるのですが、ヤミ金の取り立てに、ここまで来られたことがあって、そのときの持ち金さらえられてしまってヤミ金の恐ろしさを思い知らされたことがあるんです。

元々はじめに借りたお金は10万円のことなんですが、月に3割も取られる利息の支払いに追われて元金は殆ど減らないまま1年が過ぎようとしていた頃の話なんです。

単純に計算してみると、これまでに36万円もの支払いをしてきているし、元金が全然そのままということはさらにこれからも毎月3万円を支払っていかなければならないので、もっと金利の安いところがありますから、いまは銀行のカードローンに申し込んでいるのです。